カラーコンタクトレンズ全集

カラーコンタクトレンズはモデルさんたちがをつけたりしたことから、一般の人たちの間でもすっかりファッションアイテムのひとつとして定着しました。また通販でも手軽に買えるようになったのも大きな理由のひとつかもしれません。

カラーコンタクトレンズを通販で購入する場合、たくさんの種類がありますので、何を選ぼうかと迷うことがあるかもしれません。そこでカラーコンタクトレンズを選ぶときの基本的なポイントを考えてみたいと思います。

まず、たくさんのカラーバリエーションがありますので、自分を魅力的に見せることのできるカラーを選びたいと思います。たとえば、ファッションに合わせてコーディネートするのも良いでしょう。外人風に青色や緑色にするのも楽しいです。また、ちょっと色っぽく見せたいなら紫などおすすめです。

また、ディファインと呼ばれるレンズの縁だけが強調されているカラーコンタクトもあります。これはとても自然な感じでありながら、一回り瞳が大きく見える効果があり、とても魅力的になります。さらに、瞳が潤んでい見えるような涙目のカラーコンタクトというのもありますよ。

ところで、コンタクトレンズというのは、通常高度管理医療機器扱いとなり、医師の処方箋が必要なものです。しかし、度数の入っていないカラーコンタクトは雑貨扱いとなり、誰でも通販で購入することができます。これはありがたいことですが、その分目の管理は自己責任となりますので、清潔かつ丁寧に使うことを心がけましょう。

コンタクト洗浄方法

コンタクトレンズは処方箋なしでも通販で気軽に買うことができるようになり、より身近なものになってきています。しかし、その分注意しなければならないことがあります。それは目の病気です。

石鹸でよく手を洗ってからコンタクトレンズをつけたり、はずしたりしなければなりませんが、それでも指を使って直接脱装着を行うので、どうしても目に細菌が入りやすくなります。またそれだけではなく、コンタクトレンズをつけていると、涙が不足して酸素がいきわたらなくなりやすい状態になります。このことにより、目の老化を加速させてしまう恐れがあるのです。

ですから大切なことは、毎日しっかりと洗浄し、ケアを怠らないということです。コンタクトレンズを購入できる通販を見ると、たいていケア商品も一緒に通販できるようになっていると思います。それらのケア商品を使って、コンタクトレンズの洗浄を行っていくことになります。

ハードレンズもソフトレンズ(カラーレンズ含む)も、基本的に洗浄液の中に一定時間浸すことによって、殺菌消毒し汚れも一緒に落とします。ですから、それほど手間がかかるわけではありません。ただ、ソフトレンズの場合、汚れが落ちきらないときがあるので、よりしっかりと洗浄したい場合は、沸騰洗浄するのが良いでしょう。専用の器具が必要ですが、より確実に殺菌することができるので、安心です。使い捨てレンズでも比較的長期間使う場合は、しっかり洗浄したいですね。

 

 

使い捨てコンタクトレンズ全集

通販で使い捨てコンタクトレンズを購入する際、1日使い捨てが良いのか、1週間や2週間使い捨てが良いのか、それとも1ヶ月使い捨てが良いのか、迷うところです。それぞれのメリットやデメリットを良く知り、比較検討することが大切だと思います。

安全性を第一にするなら、1日使い捨てコンタクトレンズを通販するのが一番です。1日使ったら捨ててしまうのですから、細菌が繁殖してしまう心配もありませんし、酸素透過性も良いので、眼に優しいレンズだと言えます。

手間隙をかけたくない人にも1日使い捨てのコンタクトレンズが良いでしょう、ケアの必要がないからです。一週間使い捨てもケアが必要ありませんが、種類が少ないのが欠点です。

種類の豊富さで選ぶなら、2週間使い捨てが一番たくさんの種類を通販サイトで見つけることができます。つまり、一番売れているということですね。ケアは必要ですが、本格的に汚れがたまる前に捨てることになるので、衛生面では安心です。ただ、酸素透過性は1日使い捨てコンタクトと比べると悪くなります。

コスト面を重視するなら、2週間か1ヶ月使い捨てが良いでしょう。1ヶ月使い捨ては月ごとに交換すればよいので、交換時期を覚えやすいというメリットがあります。ケアは2週間同様、しっかり行わなければなりません。